【NBA JAPAN GAME 2019】ラプターズ対ロケッツの試合で、現地の様子をお届け!

こんにちは、NBA大好き、Blackまんばです。

2019年10月8日(火)に、日本でNBAの試合が行われたことはご存知でしょうか?

数十年ぶりに、NBAの試合が日本で行われて、NBAで強豪のラプターズとロケッツの対戦でした。

このかなりの好カードの試合に、なんと僕は観に行くことができました!

この記事では試合についての勝敗や、ハーデンの代名詞であるステップバックが見れたのかなど、内容盛りだくさんで現地の様子をお伝えしたいと思います。

是非最後までこの記事を読んで、現地の様子をご覧ください。

 

ラプターズとは?

ラプターズとは、NBAイースタンカンファレンスに所属するチームです。

去年はNBAで悲願の初優勝を果たしました。

去年はカワイ(別称クワイ)・レナードがオフェンス面でエースとしても、ディフェンス面ではエースストッパーとしてもチームをリードし、優勝に大きく貢献しました。

そのカワイ・レナードがチームを去った今年は、若手のパスカル・シアカムの成長や、ベテランのカイル・ラウリー、マルク・ガソルの活躍が、ラプターズが勝つためには不可欠です。

 

 

ロケッツとは?

ロケッツとは、NBAでウェスト・カンファレンス所属しているチームです。

去年の得点王で、NBAリーグのMVP候補だったジェームズ・ハーデンがチームを率いています。

去年はクリス・ポールがいましたが、今年からはポールとのトレードでオクラホマシティー・サンダー(OKC)からやってきた、ラッセル・ウェストブルックがロケッツにやってきました。

彼は高い身体能力を誇り、平均トリプルダブルも成し遂げたスーパースターです。

実はハーデンとウェストブルックは、もともとサンダーでチームメイトでした。

今季の注目ポイントは、なんといっても彼らのコンビネーションが生まれるかどうかですね。

 

現地の様子と試合結果

それでは、両チームにつれて簡単に知れたところで、2019年10月8日に行われたNBA JAPAN GAMEの様子と、試合結果について見ていきましょう。

僕実は、NBAを小学校4年生の時から見ている、NBA歴12年目の大ファンなんです。

今回の生でNBAを観れるというのは、夢が叶ったようなもので、主催してくれた楽天には感謝しかありません。

そんな感じで興奮しながら会場のさいたまスーパーアリーナに到着すると、アリーナはもちろん、ファンもNBAジャージーに身を包み、会場がNBA一色でした。

15時から始まったグッズ販売は、15時半に着いた頃にはとてつもない列をなしていて、買えそうにありませんでした。

仕方なくグッズ販売店を後にして、17時から会場入りするために、早めに並んでから、中へ入りました。
すると、、、

恐ろしく広くて、めっちゃかっこいいです!

まるでNBAの本場アメリカへ来ているみたいでした!(行ったことないけどw)

アップが開始されて、どんどん選手が入ってきました。

さすがNBA選手、シュートが恐ろしくよく入るし、ドリブルもとてつもなく強くて早かったです。

NBA選手レベルになると、アップを見るだけでも楽しかったので、あっという間に時間が経ち、ティップオフで試合が開始されました。

ロケッツの速攻がかなり効いて、ハーデンも面白いように点を取りまくってました。

ウェストブルックとのコンビネーションが復活するには、もう少し時間がかかりそうな気はしましたが、見ごたえとてもありました!

前半が終わったところで、ロケッツ85対ラプターズ73と、オールスターゲーム並のハイスコアゲームで本当に面白い展開でした。

ハーフタイムショーも華やかで、まさにNBA!って感じでしたね。

チアリーダーは現地から実際に来ていたそうです。

後半は主力選手の温存があったので、前半ほどは興奮しませんでしたが、やはりハーデンのプレーは圧巻でした。

ラプターズはシアカムとイバカを中心に得点を重ねて、何とか食らいついている印象でした。

両チームの主力選手が4Qにかなり休んでいたため、若手選手の活躍も見れました。

最終スコアは、ラプターズ134 対 129ロケッツで、ラプターズが勝利しました。

 

まとめ:人生初生NBAは、興奮しまくり

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、2019年10月8日にさいたまスーパーアリーナで行われた、楽天主催の「JAPAN NBA GAME2019(ジャパンゲーム)」に実際に見に行った僕が撮った写真などと共に、現地の様子をお伝えしました。

ラプターズ(Raptors)やロケッツ(Rockets)がどんなチームかにも簡単に説明もしました。

NBAはいつも楽天NBAで見ていますが、生で観るとやはりド迫力で、興奮しまりでした。

また機会があれば観に行きたいので、楽天さんに頑張ってもらうしかないですねw

当サイトでは、NBAの試合結果や、NBA選手、チームについての記事を掲載しています。

実際にバスケットをしていた僕だからこそわかる、バスケに関する悩み事についても、これからアップしていければなと思っています。

是非、お楽しみに。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です