【八村塁】NBAで大活躍中の八村選手の大学時代とは?どれぐらい活躍してたの?

みなさんこんにちは、NBA大好きBlackまんばです。

日本人史上初、NBAでドラフト一巡目指名を受けた八村塁選手をご存知でしょうか?

「NBAで通用するのか」という声も上がっていた八村ですが、今ではルーキートップクラスの活躍をしています。

八村選手が大学時代、どこの大学へ行き、どのような活躍をしていたか、について今回の記事ではお話していきます。

この記事を読めば、今の八村選手だけではなく、過去にどのようなプレーヤーだったか、八村選手についてさらに詳しくなることができます。

 

八村選手とは

八村選手とは、身長203㎝、体重107㎏、ポジションはパワーフォワード(PF)のNBAバスケットボールプレーヤーです。

八村塁選手は、ワシントン・ウィザーズに2019年のNBAドラフトで、全体1巡目9位指名をされました。

ルーキーの中でも評価が高く、サンアントニオ・スパーズ(SAS)の名称ポポビッチヘッドコーチも、対戦後に八村塁選手のポテンシャルについて言及していたほどです。

高校は宮城のバスケットの名門校、明成高校に在籍し、ウィンターカップで大会3連覇を成し遂げています。

その後アメリカの大学へ行き、バスケを続けます。

 

八村選手が行っていたゴンザガ大学での活躍

八村塁選手は、高校卒業後、ゴンザガ大学(ワシントン州)へ進学しました。

八村選手が行っていたゴンザガ大学は、バスケットボールの強豪として知られており、全米1位になるほどです。

全米1位レベルのチームで、八村選手は大学1年生の時から試合に出場していて、大学2年生から頭角を現し、エースとして活躍し始めます。

ゴンザガ大学二年目は、主にシックススマンとしてゲームに出場し、チームには欠かせない選手へと成長しました。

  • 大学1年目:平均4.6分、2.6得点、1.4リバウンド
  • 大学2年目:平均20.6分、11.6得点、4.7リバウンド

スタッツにも大幅な成長が見られますよね!

ゴンザガ大学3年目には、更にすさまじい成長を見せ、チームの中心選手となり、エースとして活躍しました。

ザイオン・ウィリアムソンやRJ・バレットといった今年のNBAで最も注目されているルーキーを擁するDUKE大学との直接対決では、ゴンザガ大学が勝ったのも印象的でした。

  • 大学1年目:平均30.2分、19.7得点、6.5リバウンド

 

奮闘するもファイナルフォーへの進出ならず

八村選手がゴンザガ大学のプレーヤーとして最後に出た試合は、3月30日に行われた全米大学選手権での、テキサス工科大学との一戦でした。

八村選手が率いたゴンザガ大学は、69対75でテキサス工科大学に借敗し、全米ベスト8という結果に終りました。

この試合で八村選手は、両チーム最多の22得点、6リバウンドして個人では素晴らしい活躍をするも勝利には至らなかったので、悔しかったことでしょう。

しかし、この悔しさをバネにして八村選手ならもっと成長してくれると思います!

 

まとめ:八村選手はゴンザガ大学時代からすごかった

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、八村選手がNBAでドラフトされる前にバスケットをプレーしていたゴンザガ大学での活躍についてまとめました。

1年目から多い出場時間ではなくても、全米1位になることもある強豪チームのゴンザガ大学で試合に出場していたことは本当にすごいことです。

そして、3年目には平均19.7得点を記録するなど、ゴンザガ大学時代から八村選手はすごかったんですね!

まだまだこれから成長していく八村選手を応援していきたいと思います。Go! Rui Hachimura!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

当サイト「NBAパーク」では、NBAやバスケットに関する情報をお伝えしていきます。

もっと日本でNBAが、バスケットボールが広まるように、面白い記事を書いていきますので、他の記事も読んでいただけると嬉しいです。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です