【NBA】デュラントが抜けて苦戦中のウォリアーズ、今シーズンはどうなるのか?

みなさんこんにちは、NBA大好きBlackまんばです。

楽天NBAで試合を見る日々を送っていますが、今年はここ数シーズンで最もNBA全体のチームのバランスが取れていて、どの試合もおもしろいです。

4年前はウォリアーズがNBA史上最多の82試合中73勝を記録して、1強状態だったのに。(ジョーダンが所属していた最強ブルズよりも多い勝利数です)

しかし、そんな最強ウォリアーズが今シーズンかなり苦戦していて、NBAに衝撃が走っています。

そこで今回の記事では、ウォリアーズがどのようなチームか、どうして今シーズンウォリアーズが苦戦しているのかお話します。

そしてウォリアーズがどうして不調なのか、これから続く今シーズンどうなるのかについて解説していきます。

この記事を読めばウォリアーズについて詳しくなれるので、是非最後までお読みください。

 

ウォリアーズとはどんなチーム?

ウォリアーズとは、アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコのに本拠地を置く、NBAウェスタン・カンファレンスに所属するチームです。

ヘッドコーチはスティーブ・カーで、最近は2015、2017、2018シーズンでNBAチャンピオンに輝きました。

「NBA史上最高のシューター」とも呼び声高いステファン・カリー(PG)は、甘いマスクとしなやかなプレーがめちゃくちゃかっこいいです。

カリーについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

【NBAいや、バスケ史上最高シューター?!】ステフィン・カリーは脅威の3PTシューター

 

カリーの相棒のクレイ・トンプソン(SG)も3ポイントシュートが得意で、2人のタッグは「スプラッシュ・ブラザーズ」という愛称で親しまれています。

2017、2018シーズンに優勝したときは、NBA屈指のスコアラーであるケビン・デュラント(SF、現ネッツ)もウォリアーズにいたので、ほぼ止めることが不可能で相手チームからすると、やっかいなチームでした。

 

苦戦の理由①:去年までの主力選手が根こそぎチームを去った(主力選手紹介有り)

今シーズン、ウォリアーズが苦戦している理由2つ目は、去年の主力選手がほとんどチームを去ってしまったことです。

ウォリアーズから去ってしまった主要選手たちの、1試合あたりの平均スタッツを見てみましょう。

  • ケビン・デュラント(SF現ネッツ) 26.4得点 6.4リバウンド 5.4アシスト
  • アンドレ・イグダラ(SF現グリズリーズ) 6.0得点 3.8リバウンド 3.3アシスト
  • ショーン・リビングストン(G引退) 5.5得点 2.0アシスト
  • クイン・クック(G現レイカーズ) 9.5得点 2.5リバウンド 2.7アシスト
  • ジョーダン・ベル(C-F現ティンバーウルブズ) 4.6得点 3.6リバウンド

上記のメンバーを見ても、ベンチから出てくるとは思えない豪華なメンバーで、他のチームへ行ったらスタメン級の選手ばかりですよね。

上記の元ウォリアーズのメンバーの中でも特に、ウォリアーズの中心を担っていた選手を紹介していきます。

 

ケビン・デュラント(現ネッツ)

元ウォリアーズのケビン・デュラントは、言わずと知れたNBAトップリーグのスコアラーでウォリアーズのエースでした。

↑カリーとハイタッチをかわすデュラント

デュラントの存在はかなり大きく、長いウイングスパン(腕の長さ)から繰り出されるシュートタッチは柔らかく、インサイド、アウトサイドで得点できるスコアラーです。

SFなのに身長が208㎝(見た感じもうちょいある)ある上、ボールハンドリングも良く、スピードもあるのでアンストッパブルです!

【余談?】なんだかカタカナが多くて、ルー〇柴みたくなってすみません。。。

 

アンドレ・イグダーラ(現ヒート)

元ウォリアーズのアンドレ・イグダーラは、ウォリアーズのシックスマン(スタメン5人の後に、6番目としてベンチから出てくる選手のこと)でした。

スタッツには現れませんが、ディフェンスでは相手エースを抑えるエースストッパーとして、オフェンスではゲームメイクをしつつ、勝負どころでは3PTを決められる、頼りになる選手でした。

昨シーズンのウォリアーズでのスタッツから想像することは難しいかもしれませんが、イグダーラはカリー、トンプソンを差し置いて、2015年シーズンNBAファイナルで、ファイナルMVPに輝いています。

ディフェンス、ゲームメイクで貢献できる「縁の下の力持ち」のような選手がチームを去ったのはチームにとってはかなりの痛手ですよね。

 

ショーン・リビングストン(引退)

元ウォリアーズの長身PG(201㎝)のショーン・リビングストンは、ベンチから1試合当たり20分ほど、カリーの交代として出てくる選手でした。

カリーとは全く異なるプレイスタイルで、3PTは打てないものの、長身を生かし相手PGに対してポストアップをして、頭の上からシュートを放ちます。

時にはスラムダンクを見せたり、ミドルレンジも得意で、チームを勢いづけました。

ディフェンス力にもあり、チームの流れを変えられる素晴らしい選手でした。

 

 

苦戦の理由②:今シーズンは怪我人が多すぎる

今シーズン、ウォリアーズが苦戦している理由2つ目は、怪我人が多すぎることです。

ウォリアーズで今怪我をしている線選手は下記の選手はこちらです。(スタッツは昨シーズン)

  • ステファン・カリー 27.3得点 5.2アシスト 5.3リバウンド
  • クレイ・トンプソン 21.5得点 2.4アシスト 3.8リバウンド
  • ドレイモンド・グリーン 11.0得点 7.3アシスト 7.6リバウンド(5試合欠場後復帰済み)

まず「スプラッシュブラザーズ」がいないだけで、50点近くのチームの得点が無くなっているので、ウォリアーズが苦戦することもしょうがないですよね。

カリーとトンプソンがいなくて困るのは、数字を見れば明らかなので、グリーンについて話して行きます。

 

ドレイモンド・グリーンは「スプラッシュブラザーズのまとめ役」

ドレイモンド・グリーンは2人と比べると得点力は劣りますが、リバウンドとアシストもできるので、トリプルダブルもできる選手です。

PFながらゲームメイクをする彼はいわば「スプラッシュブラザーズのまとめ役」です。

おたけびを上げる「ドンキー」ことグリーン

↑おたけびをあげるグリーン

僕が思うに、グリーン無しでは、スプラッシュブラザーズはここまで生きないと思います。

スプラッシュブラザーズの2人は、ドリブルが極端に少ない3PTシューター(特にトンプソン)で、スクリーンなどを利用してからのキャッチ&シュートが多いです。

グリーンと同じポジション(PF)でぺりメーターディフェンスが得意な選手は少なく、グリーンがボールを保持してもプレッシャーがかかりません。

そのため、グリーンのパスセンスに加わり、プレッシャーがかからないという最高のシチュエーションでスプラッシュブラザーズへのアシストが量産されます。

【余談】グリーンは熱い男。暑すぎてよくトラッシュトークを持ちかけたりして、退場するのが多いのは気を付けてほしい…(笑)

 

これからのウォリアーズは若手の成長が不可欠

今シーズン苦戦中のウォリアーズは、若手選手の成長が不可欠です。

トンプソンは今季絶望、カリーは復帰できても春ごろになる予定です。

この怪我人が多すぎる状態を「今季のウォリアーズ終わった…」と悲観的には捉えず、プラスに若手のいい成長機会やん!」と捉えましょう。

実際、ジョーダン・プール(SG)やエリック・パスカル(PF)はルーキーながらスタメン出場を果たし、プールに関してはスタメンのままです。

パスカルはグリーンが欠場していた間、スタメン出場し、34得点13リバウンドを記録し、大活躍でした。

↑ 34得点はちなみに、今シーズンルーキーの中で最高得点を記録したパスカル

パスカルは身体能力が高く、リング付近がとても力強く、コンタクトがあってもシュートをねじ込む力があります。

彼らのように既に活躍できる選手がさらに成長し、そこへスプラッシュブラザーズが返ってくると思えば、気持ちが楽になり将来が明るく感じませんか?

【余談】パスカルがPF、グリーンがSFのスタメンラインナップが見たいからどなたか、ウォリアーズHCのスティーブ・カーに伝えておいて下さい。

 

まとめ:今シーズンはウォリアーズとって我慢の年

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、今シーズン苦戦中のウォリアーズについてまとめてみました。

苦戦してしまっている理由や、これからウォリアーズの若手の成長が必要不可欠なことに関してもふれてみました。

エースのケビン・デュラントがチームを去り、スプラッシュブラザーズが怪我中のウォリアーズも、今シーズンは若手の成長機会だと思えば気持ちが楽になりませんか?(ウォリアーズファンが激減した気がする、、、)

今シーズンはウォリアーズにとっては我慢の年になりますが、応援し続けましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

当サイト「NBAパーク」では、NBAやバスケットに関する情報をお伝えしていきます。

もっと日本でNBAが、バスケットボールが広まるように、面白い記事を書いていきますので、他の記事も読んでいただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です