【NBA】「キング」と称される男、レブロン・ジェームズとは|23の秘密も

みなさんこんにちは、NBA大好きBlackまんばです。

最近NBAで好調なレイカーズの背番号23を付けているレブロン・ジェームズをご存知でしょうか?

今日は、NBAで17シーズン目に差し掛かる、レブロン・ジェームズがどのような選手かについてお話ししていきます。

この記事を読めば、世界最高峰のNBAで最高の選手とも呼び声高いレブロン・ジェームズについて詳しくなれます。

ぜひ最後までお読みください。

レブロン・ジェームズとは

レブロン・ジェームズは、レイカーズに所属するSFです。

2003年にNBAドラフト全体1位指名(キャバリアーズ)を受けてキャリアをスタートさせました。

あまりのゲームの支配力から、「キング」というニックネームで親しまれています。

身長203㎝、体重113㎏と恵まれた体格で、PGからPFまでこなしてしまうレブロンは非の打ちどころがありません。

 

レブロンの経歴がすごすぎる

レブロンの受賞歴をまとめてみました。

受賞歴がすごすぎて、かなり長くなってしまいますが、ぜひ目を通してみてすごさを知ってください。

  • NBAチャンピオン 3回
  • NBAファイナルMVP 3回
  • シーズンMVP 4回
  • NBAオールスター出場 14回
  • NBAオールスターMVA 3回
  • 新人王
  • 得点王
  • オールNBAチーム1st 12回
  • オールNBAチーム2nd 2回
  • オールNBAチーム3rd 1回
  • NBAオールディフェンシブチーム1st 5回
  • NBAオールディフェンシブチーム2nd 1回

↑優勝トロフィーをかかげるレブロン(キャバリアーズ)

 

レブロンが23を付けるのは、マイケル・ジョーダンの影響?

レブロンの背番号は、「23」です。

ピンときた方も多いかもしれませんが、これは「バスケットの神様」と呼ばれたマイケル・ジョーダンの影響を受けたからです。

レブロンもマイケル・ジョーダンに憧れて「23」のジャージーを着ていることを認めています。

【余談】ジョーダンとレブロンのどちらの方が優れた選手かという論争がずっとありますが、あなたはどちらだと思いますか?僕はジョーダンです!

 

レブロン・ジェームズのスタッツ

レブロンのスタッツを紹介します。

このスタッツを見ると、いかに素晴らしい成績を残しているかわかります。

(引用元:https://www.basketball-reference.com/players/j/jamesle01.html)

 

レブロン・ジェームズの現在

レブロンは現在、ロサンジェルス・レイカーズに所属していて、チームも好調です。

34歳と、ベテランになってきましたが、まだまだ「キング」の名に恥じない圧巻のプレーでファンを魅了しています。

洗練されたパスセンスの他にも、豪快なダンクはまだまだ健在で、いつまでプレーしてくれるのかが楽しみです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「キング」と呼ばれるNBAのスーパースター、レブロン・ジェームズについてまとめてみました。

この記事を読んで、レブロンが「キング」と呼ばれるのが納得いったのではないでしょうか。

今シーズンもNBAを盛り上げていきましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

当サイト「NBAパーク」では、NBAやバスケットに関する情報をお伝えしていきます。

もっと日本でNBAが、バスケットボールが広まるように、面白い記事を書いていきますので、他の記事も読んでいただけると嬉しいです。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です