【NBAのスーパースターたち】今のNBAで最もすげえ選手たいをポジション別に5人を厳選|レブロン、アデトクンポ、ドンチッチ、ハーデン、ヨキッチ

NBA スーパースター

みなさんこんにちは、NBA大好きBlackまんばです。

NBAを見ていて、「この選手は特別にうまいな、突出しているな」という選手はいますか?

いわゆる、スーパースターと言われる選手はチームを一人で勝たせることができるほどの実力の持ち主で、見ていて本当にワクワクしますよね。

今回の記事では、NBA歴13年の僕が選ぶ2019シーズンのNBAスーパースターについて、ポジション別に一人ずつ紹介していきます。

異論んはもちろん認めますし、選ぶのに本当に苦労しましたが、僕が思うNBAのスーパースター5人について解説します。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

 

NBAのスーパースターPGはルカ・ドンチッチ(マーベリックス)

  • 身長:201cm
  • 体重:98kg
  • 年齢:20歳(2シーズン目)
  • 29.3得点、9.6リバウンド、8.9アシスト

ルカ・ドンチッチ

↑ハーデンの伝家の宝刀”ステップバック”も得意なドンチッチ

僕が思うNBAのPGにおけるスーパースターは、ルカ・ドンチッチです。

ステファン・カリーは?という声が聞こえてきそうですが、「チームを勝たせる力」「ポテンシャル」を考慮したときに、ドンチッチの方が勝りますね。

ドンチッチは、まだ20歳にして、スタッツは29.3得点、9.6リバウンド、8.9アシストで、トリプルダブルも量産しています。

圧倒的な得点力に加えて、ゲームメイクも得意です。

↑先日、41得点、12リバウンド、11アシストをしたドンチッチ

ドンチッチは、将来レブロンに並ぶほどのスーパースターになる可能性のある選手ですし、若干二十歳の現段階でも、NBAでトップレベルです。

今のNBAのスーパースターPGは、ルカ・ドンチッチでしょう。

さらにドンチッチについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

【NBA界の超イケメン】ルカ・ドンチッチがマーベリックスで大爆発中|レブロンを超えられるか?

ドンチッチ選手1人について取り上げた、ドンチッチについて詳しく知れる記事ですので、ぜひ読んでください。

 

NBAのスーパースターSGはジェームズ・ハーデン(ロケッツ)

  • 身長:196cm
  • 体重:99kg
  • 年齢:30歳(11シーズン目)
  • 38.9得点、6.0リバウンド、7.4アシスト

ジェームズ・ハーデン

↑得点力は、圧倒的にNBA1の、”Beard(髭)”こと、ジェームズ・ハーデン

僕が思うNBAにのSGにおけるスーパースターは、ジェームズ・ハーデンです。

なんと言っても、ハーデンの得点力はヤバいです。(語彙力。笑)

ハーデンの代名詞とも言えるステップバックは、まさにアンストッパブルで、バスケの神様とも称される超スーパースター、ジョーダンをも凌ぐ得点力でチームを引っ張ります。

https://twitter.com/i/status/1205674070877978624

↑伝家の宝刀、ステップバック3PTで得点するハーデン。止め方がわかる方は教えてください。

ハーデン:38.9得点(12/19現在)、ジョーダンの最高平均得点:37.1得点

ハーデンの得点力は、味方へのアシストにも繋がり、チームに大量の得点をもたらします。

今のNBAでは、ハーデンが間違いなくSGのスーパースターでしょう。

 

NBAのスーパースターSFはレブロン・ジェームズ(レイカーズ)

  • 身長:206cm
  • 体重:113kg
  • 年齢:35歳(17シーズン目)
  • 25.9得点、7.4リバウンド、10.6アシスト

僕が思うNBAのSFにおけるスーパースターは、レブロン・ジェームズです。

レブロン・ジェームズ

↑左:ヒート時代のレブロン、右:現在のレブロン。色褪せないです

「やっぱりかい!」ってみなさんツッコミましたか?(笑)

そうです、やっぱりレブロンがNBAのSFにおけるスーパースターなんです。

35歳NBA17シーズン目の大ベテランなのに、このパフォーマンスをし続けられる選手が他にいるでしょうか、いませんよね。

↑35歳でこれだけ活躍できるなら、40歳まではプレーできそうですよね(笑)

完璧なオールラウンドプレーヤーで、NBA史上最も優れたプレーヤーの一人と言っても過言ではないでしょう。

今年は、レイカーズにアンソニー・デイビスが加入し、一気に優勝候補となり、悲願の優勝を狙うポジションにチームもつけています。

2019シーズンの、”ショータイム”レイカーズの中心で、スーパースターであるレブロンのプレーを楽しみましょう。

さらにレブロンについて知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

【NBA】「キング」と称される男、レブロン・ジェームズとは|23の秘密も

レブロンについてさらに詳しくなりたい方はぜひ、読んでみてください。

 

NBAのスーパースターPFはヤニス・アデトクンポ(バックス)

  • 身長:211cm
  • 体重:109kg
  • 年齢:25歳(7シーズン目)
  • 31.7得点、12.8リバウンド、5.3アシスト

僕が思うNBAにのPFにおけるスーパースターは、ヤニス・アデトクンポです。

ヤニス・アデトクンポ

↑”Greak Freak(ギリシャの変わり種)”というニックネームのアデトクンポ。成長が止まらない

アデトクンポは、圧倒的な身体能力でリング下を支配します。

しかし、ボールハンドリングも素晴らしく、ジェイソン・キッドがヘッドコーチだったときには、PGとして起用されたこともあります。

↑リバウンドから、4ステップでダンクに持って行ってしまうアデトクンポ。まさに次元が違います。

まだまだポテンシャルもあり、欠点だったアウトサイドシュートも難なく決められるようになってきたアデトクンポは、間違いなくNBAの顔と言えるスーパースターです。

アデトクンポの成長と共にバックスも躍進しており、イースト1位です。

去年はオールスターゲームで、「チームレブロン対チームアデトクンポ」とレブロンに並ぶNBAを代表する選手へと大きく成長しました。

 

NBAのスーパースターCは二コラ・ヨキッチ(ナゲッツ)

  • 身長:213㎝
  • 体重:114㎏
  • 年齢:24歳(5シーズン目)
  • 17.0得点、10.2リバウンド、6.5アシスト

二コラ・ヨキッチ

↑派手なプレーこそ少ないものの、力強いプレーやアシスト、外からのシュート、全てにおいて完成度が高い

僕が思うNBAのCにおけるスーパースターは、二コラ・ヨキッチです。

ジョエル・エンビートと悩みましたが、アシスト力など総合的に見て、ヨキッチの方が上です。

ヨキッチは、Cながら一試合の平均アシスト数が6.5と、PG並です。

↑この日は9リバウンド、12アシストとアシスト数のほうが上回ったヨキッチ。器用としか言いようがありません。

ポストアップはもちろん、トップでボールを受け取りオフェンスを組み立てられる、まさに次世代型Cです。

外からのシュートもあり、ハンドリングも良く、インサイドでも押し込めるまさにスーパースターです。

 

まとめ:若手選手が早くもNBAではスーパースターに

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、NBA歴11年の僕が思うNBAスーパースターを、各ポジションごとにまとめてみました。

僕が選んだNBAのスーパースターは、こちらの5人でした。

  • PG:ルカ・ドンチッチ
  • SG:ジェームズ・ハーデン
  • SF:レブロン・ジェームズ
  • PF:ヤニス・アデトクンポ
  • C:二コラ・ヨキッチ

異論は認めます!(笑)

ぜひみなさんが思う、スーパースターを教えて下さい。

そして、NBAを見始めたばかりの方は、僕が選んだ選手たちを特に注目してNBAを観戦すると、面白くなると思います。

今シーズンも、NBAを楽しんでいきましょう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

当サイト「NBAパーク」では、NBAやバスケットに関する情報をお伝えしていきます。

もっと日本でNBAが、バスケットボールが広まるように、面白い記事を書いていきますので、他の記事も読んでいただけると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です