【え、そんな多いの?!NBAの試合数】レギュラーシーズン、プレイオフが何試合あるのか徹底解説!

NBA 試合数

みなさんこんにちは、NBA大好きBlackまんばです。

今回は、NBAのシーズンにおける試合数に関して解説していきたいと思います。

この記事を読めば、「レギュラーシーズンとプレーオフに分かれているけど、それぞれ何試合ずつあるの?」という疑問が解消されます。

ぜひ、最後まで読んでください。

 

NBAレギュラーシーズンの試合数

それでは早速、すでに40試合近く消化しているNBAレギュラーシーズンの試合数について紹介していきます。

NBAのレギュラーシーズンは、ホーム戦とアウェイ戦合わせて、1チーム82試合行われます。

Bリーグの60試合と比べると、NBAのレギュラーシーズンの試合数は多いですね。

 

NBAプレーオフの試合数

NBAのプレーオフの試合数は、チームによって異なります。

というのも、1回戦につき、先に4回勝ったほうが次へ進めます。

ウェスト、イーストそれぞれ上位8チームがプレーオフに出て、トーナメント形式で行われ、決勝戦はウェストとイーストの1位同士の試合となります。

そのため、全ての対戦相手をスイープ(4勝0敗すること)して優勝すれば、試合数は最小16試合で済みます。

しかし滅多にないことですが、全てのチームと第7戦までもつれると、優勝までに最大28試合も試合をしなけければならず、試合数が増えます。

プレーオフの決勝戦であるファイナルで第7戦までもつれこむと、NBAを見ないといけないので授業なんて受けてる暇無いです。

【余談】1回プレーオフ第7戦見るために仮病使って学校休みました。とてつもなくお母さんには怒られたお☆

 

試合数が多いとNBA選手が試合に出たがらない?

NBAの試合数について、なんとなくおわかりいただけましたか?

レギュラーシーズンで82試合行われていますが、実はNBAの試合数が変更される可能性があります。

2021-22シーズンから78試合に変更することが協議されています。

最近はプレーオフまで温存しておくために、レギュラーシーズンは試合を休んだりするロードマネジメントをする選手も出てきています。(カ〇イ・レナードさんとか)

優勝したい気持ちはわかりますが、もし自分の人生で最初で最後の試合になるであろうNBAの試合をわざわざ観に行って、クリッパーズの試合なのにカワイ・レナードが出なければどう思いますか?(あ、言っちゃった。)

NBA 試合数

↑昨年優勝したレナードは、レギュラーシーズンは総試合数82試合のうち、60試合しかプレーしていません。(怪我もあるとは思いますが)

レブロンは、「健康ならプレーするに決まってる。個人的には、健康でプレーしない意味がわからない。」と言ってます。かっこいい。

しかもロードマネジメントについて聞かれたとき、足を氷のバケツに入れながら答えていたそうですから、さすがの一言ですね。

NBA 試合数

↑35歳を迎えてもNBAのトッププレーヤーとして活躍し続ける、鉄人レブロン。

賛否両論別れますが、選手にとっては疲労もたまりますし、難しいところですよね。

しかし、NBAコミッショナーはレギュラーシーズンでも選手たちの士気を高めるために、レギュラーシーズンの勝ち数が最も多かったチームに新たな報酬を与えようとしているそうですが、それが吉と出るのか、凶とでるのか…これから楽しみですね。

 

まとめ:NBAの試合数は意外と多い

いかがでしたでしょうか。

今回は、NBAのレギュラーシーズン、プレーオフの試合数について解説しました。

今回の記事の内容についてまとめますね。

  • レギュラーシーズンの試合数 :82試合
  • プレーオフ(優勝時)の試合数:最大で28試合、最小で16試合

もう「NBAって何試合あるんだろう。」なんて悩む必要はありません。

2019-20シーズンも中盤に差し掛かってきましたが、これからもNBAを楽しんでいきましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

当サイト「NBAパーク」では、NBAやバスケットに関する情報をお伝えしていきます。

もっと日本でNBAが、バスケットボールが広まるように、面白い記事を書いていきますので、他の記事も読んでいただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です