【NBA選手の名言集】プレーだけじゃなくて言うこともかっこよすぎるNBAのスーパースターたち

みなさんこんにちは、NBA大好きBlackまんばです。

今回の記事では、NBA選手たちが残した数々の名言を紹介していきます。

NBA選手たちの名言は、心に刻んでおくとバスケだけではなく日常生活にも生きてくるので、ぜひ覚えておいてください。

NBA選手たちの名言から、どのようなことを日々考えながら生活をすればいいかヒントが得られるはずです!

ぜひ最後までよんでください。

 

コービー・ブライアントの名言

「自分が自分を信じてあげないと、誰も信じてはくれないよ。」

「失敗する事を恐れていたら、きっと失敗するよ。」

「プレッシャーや挑戦、ネガテイブな事のすべてが俺にとってら成り上がるための良い機会なんだ。」

「僕はここにいるよ。どこにも逃げない。どれだけ怪我をしようとも、衰弱しない限りね。僕はこれまでの僕で有り続ける。」

「僕はマイケル・ジョーダン2世にはなりたくない。コービー・ブライアント1世でありたいんだ」

「僕と自分が成功しないのを他人のせいにしている怠け者には全く共通点がない。たゆまない努力をし続けることで素晴らしいことが起こる。言い訳はするな」

 

マイケル・ジョーダンの名言

「運命よそこをどけ、俺が通る」

「高校時代は代表チームの選考から漏れた。9000回以上シュートを外し、300試合の勝負に敗れ、勝敗を決める最後のシュートを任されて26回も外した。人生で何度も失敗した。それが成功の理由だ。」

「成功は、無闇に追い求めるものじゃない。それに向かってたゆまない努力を重ねるものだ。そうすれば、成功は思いがけない時にやってくる。それがわかってない人が多いんだ。」

「次の1本が成功すれば、それは100本連続で成功する最初の1本目かもしれないだろう。」

「バスケットボールを大好きな奴がいた。それだけで十分だ。」(「どんな選手として人々の記憶に残りたいか?」に対しての回答。)

「自分に期待することで、はじめて物事は可能になる」

「挑戦することを恐れるな、自分が挑戦しないことを恐れろ」

 

アレン・アイバーソンの名言

「体のサイズでプレーしているんじゃない、ハートでプレーしているんだ。
俺はリーグで1番大きなハートを持っていると思う。
ハートでプレーすること、それで殆どのことを乗り越えてきた」

「俺を止められる唯一の人間は俺だけだといつも思ってる」

「いつだって、無理だって言う奴はチャレンジしてない奴だ」

「世間の人達は俺や母がどんな苦難を乗り越えてきたか知らない。あれに比べたらこんなことは何でもない。」

 

レブロン・ジェームズの名言

「失敗を恐れるな。それが成功する唯一の道だからだ。いつも成功するとは限らないし、俺はその事を知っている。」

「コートに立つ時、俺はいつでも全力を尽くす。もし100%の力を出していない自分がいたら、俺は自分自身を責める。」

「どんなに個人の力が優れていても、チームがいなければチャンピオンになる事は出来ない。」

「僕はいつも、自分の決断が人生を決めると思ってる。修正する事も出来るし、もっと良くできる方法だってある。だから自分の決断は大切なんだよ。」

ステフィン・カリー

「何をするにしろ、自分がなれるベストな自分になること。誰かの人生を生きる必要はない。」

「バスケットボール以上に大切な物がある。1番大切なのは家族で、何があっても互いに支え合い、愛し合うことだ。」

「あなたにとって最も大きな障害を乗り越えた時、成功はやってくるんだ。」

「君が自分の夢と、自分の人生で何が欲しいのか考えるとしよう。それは何でもかまわない。スポーツでもその他の事でも。それを成し遂げるためには常にやるべき事があるんだ。君が取り組んでる物に対して、とてつもない努力をする。そこで初めて成功をつかめる。情熱を燃やすんだ。」

 

まとめ:NBA選手の名言は心に響くものばかり

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、NBA選手たちが残した数々の名言について紹介しました。

スーパースターである彼らが残した名言から、どのような思考のもとバスケをプレーしているのかがわかったのではないでしょうか?

バスケだけではなく、日常生活にも生きてくるNBA選手達の思考をぜひ真似してください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

当サイト「NBAパーク」では、NBAやバスケットに関する情報をお伝えしていきます。

もっと日本でNBAが、バスケットボールが広まるように、面白い記事を書いていきますので、他の記事も読んでいただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です