【衝撃】NBAがコロナウイルスの影響で無期限にシーズン中断|コロナにかかった選手も

みなさんこんにちは、NBA大好きBlackまんばです!

昨日(3/12)NBAファンにとってはショッキングなニュースが報道されましたね。

なんと、コロナウイルスの蔓延を防ぐべくシーズンが無期限に中止されるというのです。

今回の記事では、シーズンが中止されたことについて詳しくお話していきます。

 

コロナウイルスの影響でいつまでシーズンは中止になるのか

コロナウイルスで無期限にシーズン中止となりましたが、アダム・シルバーによると、 「少なくとも先30日間はシーズンを中止にする」みたいです。

もし30日後にシーズンが再開した場合、プレーオフ直前からのスタートとなるのでしょうか。

その辺りは、発表され次第追記します。

もしも濃厚接触がダメということで、チームでの練習が出来ないとなるとここまで約60試合ほどで培ってきたケミストリーをもう一度作らなくてはいけず、大変ですね。

 

コロナウイルスで陽性反応が出た選手

実は、今回シーズンが中止になったのは、ジャズのルディー・ゴベールが検査で陽性反応が出たからです。

試合前に発覚し、そのままジャズ対サンダーの試合は延期に。そしてNBA全体の中止となりました。

さらには、ドノバン・ミッチェルも陽性反応が出たそうです。

でも意外にも、ジャズの関係者含む58人を検査した結果、ミッチェルのみが陽性反応が出たみたいで、少なくてよかったです。

他のチームのNBA選手がコロナウイルスにかかっていないことを願います。

 

カーターの最後の試合になってしまうのか

今回のNBaシーズン中止が決まって、ビンス・カーター(43歳)にとって最後の試合になってしまうのではないかと言われています。

カーターはまさに生きるレジェンドという感じで、43歳になった今もなおコンスタントに試合に出場し、活躍していました。

そんな彼もついにシーズン引退を発表していましたが、もしかすると、先日の試合で最後の試合となる可能性があるのです。

僕は21シーズン目の今シーズンで引退という心構えは出来ていましたが、こんな急に引退してしまうのは受け入れられません。

どうかもう1シーズンプレーしてくれないかな…。

 

まとめ:コロナウイルスには気をつけましょう

いかがでしたか。

世界各国で猛威を振るっているコロナウイルスの影響で、ついにNBAもシーズンが中止になってしまいました。

みなさんも、間違った情報に惑わされないように予防などしっかり対策してください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

当サイト「NBAパーク」では、NBAやバスケットに関する情報をお伝えしていきます。

もっと日本でNBAが、バスケットボールが広まるように、面白い記事を書いていきますので、他の記事も読んでいただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です